FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 その日を境に彼らは王国の目となり耳となり、活躍するようになった。
 時には偵察まがいのことを、時には力にものを言わせるような、危険な任務についたこともあった。
 そんな、まだ色あせていない過去の出来事を思いをはせている時だった。 


 パーンパーン!!
 
 突如、かんしゃく玉が弾ける様な鋭い音がして、追憶に浸っていたミャオは我に帰った。
「何だ?」
 この部屋の主であるゴウも、その音に神経を集中させている。
 仮にもここは王宮のとある一室だ。物騒なことが起きるわけないと思われているその場所で、この物音は一体なんだ。
 考える前に、ミャオは部屋のドアを開けた。
 石で組まれた王宮の廊下。豪華なじゅうたんが敷き詰められ、壁に掛けてあるランプシェード一つとっても、ミャオにはいくらかわからないほど高級なものだった。
 そんな高級感あふれる場所で、しかも王侯貴族たちの出入りするような場所で、物騒なことと言ったら、とある貴族の飼っていたネコが逃げ出したとか、それぐらいのことしか思い当たらない。
 それだけ重厚で静かなはずの場所で、一体何の騒ぎだ?
「侵入者だ!」
 廊下の向こうのほうから衛兵達の怒鳴り声が響いてくる。
 こんな平和でのんびりした王国に似つかわしくない。
 しかし、ただ事ではないその様子に、ミャオは神経を張り巡らせた。
「どこのどいつだか知らんが、物騒なヤツだ・・・」
 ゴウはため息混じりに呟くと、ミャオの脇を駆け抜けていった。
「どこにでもいるんだよなぁ。おっと。俺も見物でもさせてもらうか」
 ミャオも、素早い身のこなしで、部屋から廊下に飛び出した。
 そいつは、薄汚いローブをまとった魔道士らしき者だった。
 以前、空間転移させられたことを思い出した。ひょっとして、王国の中に転移することもできるのだろうか?いや、まさかな。宮殿内には腕利きの魔道士が飼われていたはず。だとすれば、宮殿内は結界で守られている可能性もある。
 そうやすやすと空間を渡り歩かれちゃ、国も守れないってもんだぜ。
 ミャオは階段の踊り場に逃げた魔道士を、上の階から見下ろしていた。
 ・・・にしても、もし王宮が結界か何かで守られているとしたら、コイツはどこから転がり込んだんだ?
 どうも、ミャオには悪い予感がしていた。王宮の魔道士が張った結界を破ろうと思ったら、その魔道士の上をいく力がなければならないからだ。
 しかし、杞憂に過ぎなかったのだろうか、薄汚い魔道士はあっさりゴウに取り押さえられてしまった。
 必要以上に抵抗する様子もない。
 これじゃ、まるで赤子の手をねじるようなものだ。
「意味不明だな」
 ミャオは首をかしげると、また元のゴウの部屋に戻っていった。
 目的は何かわからないが、たぶんこれから取調べでも行われるだろう。
 今日のニュースはこの話題でもちきりかもしれない。
 腐敗しきった王族への恨みでも、かんしゃくだまにこめたのだろうか。
 
「ミャオ」
 聞きなれた、ゴウの声で目を覚ますと、もう夕日が赤く染まる頃合になっている。
 ついつい、彼のベッドで横になっていると、気づかない間に眠ってしまったようだ。
「今度の仕事は、大変なものになるかもしれないぞ」
「なんだ、今までだって大変じゃなかったことでもあるのかい?」
 軽く肩をすくめてみせる。
「・・・確かに。しかし、事が厄介かもしれない」
「ちっ。何だよ、もったいぶらずに言え」
 先ほどの薄汚い魔道士がどうかしたのか?とも考えたが、ゴウの答えは見当はずれなものだった。
「戦艦が北東の方向にいるらしいんだ」
「はぁ・・・、それなら、俺の仕事じゃなくて、海軍様のお仕事だろう」
「しかし、今のところそこから攻めて来る様子はない。で、戦争になる前に追っ払えないかと」
「はぁ?海の上で俺に何をしろって?冗談言っちゃいけないね」
 ミャオは窓の外に見える海を眺めた。ゴウはその後姿を見ながら続けた。
「確かに、シナリー王国は海に面しているぶん、他の国家よりも海上に資金を裂いてはいる。しかし、この平和ボケした国で実際に戦争になってみろ、いったい海軍がどれだけ対応できると思う?」
「さあな。腕利きはいようが、それをまとめる奴らがああじゃな」
 彼が言っているのは腐敗した軍の上層部のことだ。
「悩ましいこって」
 ミャオはわざと、人事のように言った。
「俺みたいな卑小な存在がどう国のいざこざを回避できると?スケープゴートになって死ねとでも?」
 半ばゴウにあてつけがましく、言った。
「ばか。俺がそんなことお前にやらせるとでも?」
 ゴウも負けずに言い返した。
 二人はしばらく黙ったまま睨み合っていた。が、ミャオが先に視線をそらした。
 再び、海の向こうをみやった。
「シナリーを襲おうとしているかどうかわからないが、戦艦の持ち主はアビルト王国」
 アビルト王国はシナリーの北、マダイン王国の更に北にある。隣国ではないが、シナリーとは不仲で、よくいざこざを起こしている。
「またか」
 

 その日の夜、ミャオは軽い頭痛に目を覚ました。
 部屋の主のゴウの頭痛持ちがうつったかな。
 暗闇の中、ベッドにいるであろうゴウを見やると、その姿がない。
「なんだ、お前も起きたのか」
 突如、背後から声がする。
「っけっ。今日は昼寝しすぎて眠れねーんだ。そういうお前は寝ないのか」
 ミャオは、ふと、テーブルの上に頭痛止めの薬が転がっているのを目にした。
「俺にうつすなよな、ったく」
 一粒、つまんで口に運んだ。
「何だ、お前もか。おかしいな、馬鹿は風邪ひかないって言うのに」
「悪うございましたね、馬鹿で。少佐殿はさぞかし賢いので?」
 二人は軽口を叩きあった。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。