上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 灼熱の炎の壁の向こうは、枝の攻撃が待っている。
 だが、いつまでもここでこうしているわけにはいかない。
 炎の魔法にも限界があるはずだ。
 一同は目を合わせて、うなずいた。
 ムシャバは気を失っている。彼の法力によるバリアはあてにできなくなってしまった。
「したらば、おっぱじめますか」
 道化が、アルコールを口に含み、火を吐く準備をした。
 それにあわせて、フィリダもシルフィーナのたずなを握り締めた。自分たちだけが走って逃げてもダメ。シルフィーナの上にはムシャバが乗っているから。きっと大した速度では走れまい。
「せーの」
 ハンラスが術を解こうとしたその瞬間。
 空中に歪みが生じた。
 この歪みを見たのは何回目だろう?
 この森に連れてこられた時と全く同じものが、そこに出現した!
「・・・嫌な感じ・・・」
 フィリダが、空間から目をそらさずに言った。
「だが、俺たちには選択肢がなさそうだぜ?」
 道化がやれやれ、またかよ、と言わんばかりに、ため息混じりに言った。
「何を言っている!早く入れ!」
「げっ」
 それは、道化にとって聞きなれた声だった。
 だが、先ほどぼやいた通り、選択肢がないのは事実だった。
 フィリダが、先に飛び込んだ。
 道化も、嫌々ながらそこに続く。
 何といったって、その空間の向こうにいたのは、道化の顔なじみ、海軍少佐だったのだ。
 最後に、ハンラスが術を解くと、空間に飛び込んだ。それと同時に、開いていた空間が閉じる。
 術を解くと同時に襲ってきた枝は、空間が閉じると見えなくなった。

 空間から抜け出た先は。
 宮廷のある一部屋だった。
 どうやら、あの森にワープさせた何者か、とは違うらしい。
 とりあえず、敵に襲われないところにでた、という雰囲気だろうか。
「一歩遅かったら危ないところだったじゃないか?」
 少佐が腕組みをして、嫌味たっぷりに言った。
 一行は、ほっと一息ついていたせいでその場に座り込んでいた。
「へん。穴があったから飛び込んだだけ、自分たちでなんとかするさ」
 道化がひょいっとジャンプしてその部屋の窓辺に移る。
「何だ、まだ余裕があるなら、現場に返してやろうか?」
 少佐の後ろに控えていた魔道師が、豪華な飾りの付いたワンドを掲げた。
「そんなことされてたまりますか。俺の用は済んだ」
 道化は窓をバーンと開けた。
 海に面した宮廷で、窓の下はいくらかの宮廷の部屋の屋根と、その向こうは断崖絶壁だった。
「あ、こら、待てっ」
 少佐が、慌てて道化に駆け寄ろうとしたが、すでに遅かった。
 軽々と、道化は窓の外に身を躍らせる。
 ここにいる全員がわかっている、彼は窓から落ちたぐらいでどうにかなる男ではない事を。

 少佐の好意でムシャバをベッドに寝かせてもらった。
 軽く食事でも?という事になったので、この部屋で待つように言われていたが、ハンラスもフィリダも落ち着かなかったので、さっさと宮廷を後にしてしまった。
 残された少佐は、こめかみに手をやっている。
 確かに、ムシャバの言っていた、「森から脱出する」、という条件は満たしているけれども、結果的に少佐に押し付けた形になってしまった。

「結局。なんだったのかなぁ」
 フィリダが、両手を後ろに組んで、空を見上げながらつぶやいた。
「何者かが口封じしようと、あの森につれこんだのではないかと、ムシャバが言っていたじゃないか?」
「だってさー、私、口封じされるようなことした覚え、ないもん」
「・・・確かに・・・」
 ハンラスは、宮廷から少し進んだところにある噴水で、シルフィーナちゃんに水をあげていた。
 その隣にあるベンチにどかっと座っている。
 見上げているのは、空・・・ではなく、フィリダのお尻・・・。

 ドカン!

 フィリダのかかとおとしが命中した。
「・・・もう!油断もすきもないわね!」
「歳寄りは大切に!」
「このクソじじい!」
 ハンラスが諦めて立ち上がった。
「さて。行商の続きに行くとするか・・・。残念だなぁ。せめて何色かぐらいは知りたかったなぁ」
 とぼやきながら、ハンラスとシルフィーナちゃんは町の中に消えていった。
 残されたフィリダも、その場にいても仕方ないので歩き出した。
 海から吹いてくる風が気持がいい。
 いろいろなことがあったけれど、気づけばもう、日は海に沈もうとしている。
 真っ暗になる前に、帰路につこう。
 あちこちから立ちのぼる、夕食の匂いをかぎながら、彼女は颯爽と歩いていった。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。