FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先に気付いたのは道化師だった。いやいやながら、当座の相棒に確認する。
「なあ、ハンラスのおっさん。俺たち、さっきから同じところをぐるぐると回ってないか?」
「シルフィーナち――」
 ラクダへの呼びかけを中断させられ、ハンラス14世は不満げに道化師に向き直る。
「なーに言っちゃってんだろうねこのお兄さんは。周りの木の間隔とか変わってるだろうに。だからちゃんと移動して――」
「だーかーら! 増えてるんだよっ! わかんねーのか!」
 不安な状況の中、苛々していたこともあるが、苛立ちをそのままに声を荒げる道化師。
「なにを偉そうに……いや、言われてみれば」
 苛々していたのはハンラスも同じである。思わず言い合いをしそうになったが、それどころではなさそうだと気付いた。
「隙間が狭くなってる! と言うか、閉じ込められた!?」
 なぜか木々の枝がびっしりと張り、通り抜けることができない。出口がなくなったのだ。しかし、閉じ込めるだけで、先ほどの木の妖怪のように襲いかかってくる気配はない。今のところ。

 一方のふたり組は、ムシャバが同じことに気付いた。
「先ほどから我々が進むべき方向を、未知の魔力か何かで巧妙に誘導されている疑いが強く――」
「要するに閉じ込められたって言いたいんでしょ? もっと簡潔に言えないわけ?」
 ムシャバの回りくどさに少し慣れてきたかも知れない。その事実にさえちょっと苛々しながら、フィリダが先回りして言った。
「ほう。意外と落ち着いていらっしゃいますね」
「う。何よその上から目線。……ま、いいわ。とにかく、こうなったら慌ててもしょうがないわね。もう一度、あなたの法力でここがどの辺なのか探ってみてよ」
「それでしたらもう判っています。木に襲われ、散り散りに逃げたので皆さんにお伝えする間がありませんでしたが」
 こぶに栄養を溜め込んでいるはずのシルフィーナちゃんが何やら草を食んでいる。
「あ、こら! ラクダってその辺の草食べても大丈夫だったっけ?」
「心配ご無用です。動物は食べられる草とそうでない草を知っていますから。ちなみにその草、私の想像が正しければ、あなた方お三方が吸い込んだ毒を解毒する薬草ではないかと」
「なんですって!!」
 ここがセイローの森だというのか。早速草をむしろうとするフィリダ。
 ――ぱたり。
 突然倒れるシルフィーナちゃん。
「なに!? どーしたの、シルフィーナちゃん!」
「おやおや。動物でもダメだったようですね」
「何がよっ!?」
「副作用です。自然な目覚めを待っていては起きるのに数年から十数年かかると言われています。従って人間が服用するにはそれなりの手順を経て慎重に煎じなければなりません」
 束の間フリーズするフィリダ。
「……。先に言えくそ坊主……。んで、煎じるのにどのくらい手間かかるの?」
「葉は3日ほど天日に干せばよいのですが、根元も必要でしてね。根元は6日……いえ、最低でも5日ほど天日に干さなければなりません。次に半日ほど葉と一緒に煮て、はじめて服用できますので――」
「だから話が長いって! ……って、ええっ!? 今から始めないと死んじゃうじゃん!」
「そうですね」
「他人事かよっ!」
「まあ、有り体に言えばその通りですが」
 フィリダは考えた。
「待って。草をそのまま食べても、とりあえず寝てしまうだけで命は助かるのよね。シルフィーナちゃんみたいに。でも、自然な目覚めを待つんじゃなくて、起こすこともできるわけ?」
「ええまあ、できますね。煎じた薬草を、他人に飲ませてもらえばいいだけですから」
「あたしシルフィーナちゃんと一緒に寝るうう!」
 何か忘れていないか? ムシャバの表情は雄弁に疑問を投げかけた。
「問題がふたつありますがお聞きになりますか?」
「な……なによ?」
「ひとつ。我々は木の妖怪に襲われています。今もその危険は続いていると見るべきでしょう」
「う……」
「ふたつ。煎じた薬草は他人に飲ませてもらうのですよ? 方法はひとつしかありませんが」
「げげっ! ままままさか」
「ええ。口移しです」
「やっぱ自分で飲むー!!」
 しかしそのためには薬草を天日に干さなければならないのだ。控え目に見ても、かなりのピンチである。

 フィリダは、木登りをした。3人とシルフィーナちゃんを起こすための分量の薬草を持ち、天日に干すのだ。ムシャバも手伝い、かなり上まで登った。
「森の中で野営……。なんか不気味な雰囲気だし、ぞっとしないわね」
「しかし他に方法はありません」

 木登りをするふたりを、ハンラスが見つけた。
「おい道化! あれ、フィリダちゃんじゃないか?」
「お! そうかも! ……おおい!!」
 遠すぎて声が届かないようだ。道化は呟いた。
「木に囲まれたが、登ることはできるようだな」
「くそう」
「? どうした、おっさん?」
「いや……、もっと近ければ、な」
「ああ、こっちの声が届かないんだ。俺たちも登るぞ」
「……スカートの中身を覗けたのに」
 ――ぱちこーん!
「ぶつことはないと思うのだが。せっかく使える呪文を忘れたらどうする」
「問題ないさ。確実に成功する呪文だけ、頭の中に残しておいてくれれば、な」
 やっぱり道化は嫌いだ。ハンラスは胸中につぶやいた。

 道化とハンラスは木登りを始めた。
 まだいくらも登らないうちに――

 うごごごごごごご・・・。

「おっさん! これってもしかして」
 次の瞬間、道化とハンラスのふたりは、手首と足首を木の枝に巻き付かれてしまい、体を大の字に固定されてしまった。
「なんだよ! 俺たち……」
 道化の言葉を、ハンラスが続ける。
「かっこわるー!!」
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。