上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私には目がありません。
あぁ、ごめんなさい突然こんなことを言ってしまって。
いえ、最近お客さんが増えてちょっと嬉しいんです。
といっても貴方で二人目なんですけどね。でも、そもそも人に会うこと自体私にはあまりあり得ないことでしたから。
まぁ、つまらない話なんでしょうけど、聞いてもらえますか?いえ、聞いてもらえなくても一人で勝手に喋るんですけど。あぁ、聞きたくないのなら、コレは私のヒトリゴトだとでも思ってください。
はい。少しは、わがままになってもいいのかなって。思えたんです。
で、何の話でしたっけ?
そうそう。そうでした。私は目が無いんです。舌も鼻も手足もありません。
確かにくっついてはいますけど、使えないものは無いのと同じでしょう?
同情とかはしないでくださいね。だからって辛いとは思ったこと無いですから。みなさん私をかわいそうとかいう顔で見るんですけど。私自身はそんなこと思っていませんから。
だって私耳だけはいいんですよ。それはもうこの世の誰にも負けません。


言葉を話すことがコレほどまでに大事だったとは思わなかった。
人の口は、息をするだけでは死んでしまうかもしれない。この口からは言葉を出すこともできるのだから。
今はただ、それだけで楽しい。
ネコさんに話を聞いてもらってから、何だか世界は少しだけ明るいところなのかも知れないって。
相変わらず、この目に光は届かないけど、それでもきっと世界は明るいに違いないから。
私は話した。昨日の音。今日の音。そして明日の音。
どれもこれも、違う音色・違う旋律で。世界が音で出来ていることを。
その音は眩しいくらいに明るいものだと知ることが出来た。
世の中を暗くしていたのは、私の中にいた私で。
それを晴らしてくれたのは、キッカケを作ってくれたのは、大きな、大きな一匹のネコ。
そんな他人にとっては、たわいも無くつまらない話で。それでも私にとってはこの世の全てであることを、貴方は少しわらって聞いている。
この穏やかな風。緩やかに窓から吹き込み、今日も咲く一輪の花を揺らしていた。
その花の色も、香りも私には手にとるように理解できる。それがここにある世界。
ようやく私は世界を手にした。


―ゴーン。ゴーン。ゴーン…

突然響く不吉な音。
遠く遠い、見知らぬ場所から、私はさらに戸惑うものを耳にした。
貴方には聞こえないかもしれないけれど。
最も恐れていたものが。最も聞きたくないものが。
そうだ。きっとコレはなにかの間違いだ。
聞き間違いに違いない。
だったらどうしてこんなにも体が震えているのだろう?
そんなことなどあるはずが無いと思いたかった。でも、それ以上に、私が何かを聞き間違えることなどありはしないのだ。
そして、コレほどまでに夢であって欲しいと思ったことは今までになかった。

理解してしまうからこそ、理解したくないこともある。
音は時としてとても残酷で、知りたくないことを私に伝えた。
それは性質の悪い呪いのようで、現実に追いついた悪夢でもある。
そうして私は願望を持った。生まれて初めてといってもいいだろう。
今の私には、眼前の適わぬことに“諦め”以外の答えを用意できるようになっていた。
コレだけ奪われつくした体で生きてきたのだ。こんなときくらい何かを希っても誰にも文句は言わせない。
希い、望むこと。それは私が初めて抱いた希望そのものだ。

ひときわ大きな鐘の音。
それがなんなのかはすぐにわかっていた。
今までこの音が、あんなにも不安だった理由がわかった。
そして、今までよりも明らかに大きな音である理由がわかった。
あの鐘を鳴らす原動力がソレだというのなら、誰よりもソレを持っていたものが原動力になったに違いなく。
そして私は、そのものに出会い。
そして私は、そのものに救われたのだから。

つい最近までベッドの上で死んでいた私は、結果が変えられないものだと知らなかった。
手遅れではないとか、まだ自分に何かが出来るとか足掻いていたのではなく、認めなければ結果はまだ出ていないと思っていたそれは、単なる現実逃避に違いない。
それでも、それは私がこの後何をするべきなのか。大げさに言うならば、生きている意味を見つけ出した瞬間に違いなかった。


今日は、私の大切な人が死んで。
今日は、私が生まれた日だ。

終//

... 続きを読む
スポンサーサイト
第七話

 そこは、とある街の交差点の真ん中だった。
 たくさんの行き交う人々、上空を飛ぶ鳥たち。
 しかし、全てが停止している。何もかもが微動だにしない。そこに吹き抜けていくであろう、風でさえも感じさせない。

 まるで、死んだような街だ、このような場所では、私は存在できないのだろうな。
 なぜなら、私が存在する理由は、誰かが私を感じてくれるから。私のことを理解してくれるから。常人には私の存在は知られていないのだから。

「このようなところを私に見せて、何とする?」
 その問いに、正面に立っていた「鳩のような人」がしばらく間をおいてから言った。
「お前のように、私も、また、誰かに感じられなければ存在することができぬ」
 赤い瞳が、時の止まった上空を見上げる。飛ぶ鳥さえも止まってしまった上空を。
 それに呼応するかのごとく、無数の鳩が現れては飛んでいく。風の止まってしまった空でも、不思議な力につつまれて、鳩は舞う。
 幾重にも重なって、鳩が飛んでいく。

「お前も同じであろう」

 その声は、たくさんの鳩から聞こえてくるかのように感じられた。
 鳩たちは私の周りを囲んで飛んでいる。
 同じ?同じであるとは。鳩と私が?
 
「一切の時が止まってしまったこの世界で、存在する為には、この時の封印を破らねばならぬ」

 時の封印。
 ああ、あの不快な鐘の音のことか。
 あれが、時を封印する合図、そして私を「ねこさん」と呼んでいたあの少女が感じた不安。
 それはこの鳩が言う、時の封印であったのか。
 私が在る理由、それには封印をやぶらねばならない。
 私は、音を止めるためにするべきこと、それを悟った。
 しかし、どうやって?どうやってこの全ての時を止めてしまえるほどの魔力を撃ち破ればいいのだ。
 ここで悩んでいても結論は出ない。となれば、この者の知恵を借りるしかないのか。
 鳩め・・・。
 私は、鳩の赤い目を睨みつけた。その際、背中の毛が立っていたかもしれないし、爪も出ていたかもしれない。
 
「コギト。お前も、それが為に今ここにいるのであろう?」
 
 鳩め。こいつは、一体何を知っているというのだ。
 そして、この高圧的な存在。思わず逆毛を立てずにはいられない。

「お前に、あの「時の鐘」をとめるだけの力があるか?なれば、私は、お前をあの鐘の元に送り届けよう」
 
 「時の鐘」だと?それが、時を封印しているというのか。今現在を動かぬものにしているのか。
 私の目的は、それを止めること。
 答えは一つしかない。
 無数の鳩が私と、鳩のような人を囲んで飛んでいる。ぶつかってもすりぬけ、魔力を持った鳩であるかのように不自然に飛んでいく。
 この全てが凍りついた街の中で、不自然な鳩だけが幾多にも重なり合いながら、同じ場所をグルグルと飛行していく。
 鳩のような人は右手を振り上げると、それに呼応して鳩が上空に舞い上がった。
 
「時は満ちた」

 舞い上がった鳩たちが、今度は私めがけて飛んでくる。
 同時に、私の体は空中に投げ出され、今までいたところとは似ても似つかぬ荒野に変わった。
 その空間に満ち溢れる魔力故か、私は両足の爪でしっかりと大地を掴んだ。
鳩のようなその女は眉を顰めた。
今まで自分が圧倒的優位にいた筈の相手――大きな猫だ――が笑ったように思えたからだ。

「ニーチェを知っているか」

特徴的な声ではあるが、その猫ははっきりと人間の言葉を話した。
その声にも、うっすらと笑いが滲んでいる気がする。

「……ええ」

「ならば知っているだろうに」

この世のことわりだなんだとつまらぬことを。
己がことわりから外れたものだからと他人に答えを頼るつもりか?

この声音の笑みは消えない。

「お前の問いのお陰で、私も悟ったよ」



「お前の問いのお陰で、私も悟ったよ」

私は唐突に理解した気がしていた。
自分の存在を悩んでいたところで、そうそう答えは得られない。

万物は己の意志で生まれるものではないのだ。
どんなものでも存在し始めること、即ち誕生することに干渉することはできない。

「何と愚かだったことか」

己のことであろうと、すべてを理解する必要はないのだ。

「礼の代わりに教えてやろうか」

この世のことわりなどに認められる必要なぞないのだ。

私は存在することそれだけで、すでにこの世のことわりに認められている。

鳩のような彼女は困惑と、少しの恐怖を覚えているように見受けられた。
未知のものに触れる感情によく似ている。

「よく聞け」

我が名は、コギト・エルゴ・スム。

「我思う、故に我あり」

それで何の不足があろう。


彼女の赤い瞳がほんの少し見開かれたが最後だった。
瞬きの一瞬ののち、私はそれまでとは全く違う景色を見ることとなった。

そこは今までの場所とは似ても似つかぬ所だった――。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。